スポンサードリンク

Top >  においの雑学 >  においの質と量

においの質と量

においには、誰がかいだとしても嫌なにおい(悪臭)と感じるにおいもあれば、ある人にとってはいいにおいであるのに、ある人にとってはいやな臭いであるケースもあります。このようなことは、普段はあまり気にすることはないですが、考えてみればとても不思議なことですね。

ilm04_fc03009-s.gif

人によってよい匂いと感じたり悪い臭いと感じたりと差があるのは、その人が育った環境やにおいに関連する記憶が関係しているとされます。例えば、あの独特のにおいがする納豆ですが、関東人は好きな人が多くて関西人は苦手な人が多いという話は有名ですね。その人の育って来た環境(食生活)が大きく影響しているといえるでしょう。これはにおいの質の問題だといえるものです。

ほとんどの人がいい匂いと感じるにおい(質のよい匂い・香り)であっても、そのにおいの量が(濃度が)濃い過ぎれば悪臭とも感じてしまう嫌なにおいになってしまいます。

においのきつい香水は、乗り物のなかや人ごみのなかなどで「とても我慢できないにおい」と感じますね。皆さんも度々経験されるでしょう。香水でもほのかな香りであれば好感が持てたとしても、あまりに濃すぎれば悪臭以外の何者でもありません。

また、においは体調の良し悪しにも影響されるといわれています。普段はいいにおいだと感じているにおいでも、体調が悪い時にはなぜか嫌いな臭いと感じることもあるのです。

このようににおいは人の記憶に左右されたり、精神的な面にも左右されたりする複雑な側面を持っています。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

においの雑学

においを感じる嗅覚は人間にとってとても大切なものです。人間がにおいを感じなくなってしまったら食事も味気ないものになってしまいますし、ガスの臭いなど危険が生じるにおいも識別ができなくなります。普段あまり気にすることのない、においを感じる仕組みを考えてみましょう。

関連エントリー

においを感じる仕組み  自己臭恐怖と体臭恐怖  においの慣れと順応  においの質と量