スポンサードリンク

Top >  においの雑学 >  においの慣れと順応

においの慣れと順応

同じにおいを頻繁にかいでいると、においがわからなくなってしまったというわけではないのに、気にならなくなってしまいます。例えば、あなたが誰かの家を訪ねてその家独特のにおいがすると感じたとしても、その家の家人達は気にしていないはずですね。これがにおいの慣れです。

ilm16_cc01003-s.gif

その家を訪ねたあなたも部屋のなかで一定時間を過ごせば、最初は特別なにおいだと感じていたはずが、数分もすればにおいがわからなくなってしまい、気にもならなくなるでしょうし、においを感じることさえできなくなってしまいます。こういった経験は皆さんもきっと経験されたことがあると思いますが、これがにおいに対する順応です。

鼻から入ったにおいの分子は鼻の奥へと運ばれ嗅粘膜に分子が付着し、大脳辺縁系へと信号が送られることによって、人間はにおいを感じることができます。ところが同じにおいが数分間続くと、嗅覚に疲労が生じてしまいます。やがてそのにおいを全く感じなくなってしまいます。人間の嗅覚はとても疲れやすくできているのです。

これは、体臭でもわきがの臭いでも同じにおいの話ですから同じことがいえます。例をあげると、家族のほとんどがわきが体質である場合など、わきがの臭いにも慣れが生じます。その人にとっては、わきがの臭いは全く特別なものではなくなりますから、自分がわきがであることに気付かないということも起りえるのです。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

においの雑学

においを感じる嗅覚は人間にとってとても大切なものです。人間がにおいを感じなくなってしまったら食事も味気ないものになってしまいますし、ガスの臭いなど危険が生じるにおいも識別ができなくなります。普段あまり気にすることのない、においを感じる仕組みを考えてみましょう。

関連エントリー

においを感じる仕組み  自己臭恐怖と体臭恐怖  においの慣れと順応  においの質と量