スポンサードリンク

Top >  わきがの手術 >  わきが手術のジレンマ

わきが手術のジレンマ

わきが手術の基本的な考え方として、臭いを完全に近く取り除き再発も極力防止するためには傷跡や色素沈着などの後遺症が残りやすく、逆に傷跡がほとんど残らないような手術では、においが残りやすいというジレンマが生じてしまいます。

ilm09_ba01066-s.gif

わきがの手術には健康保険が適応されるものもあればそうでないものもありますし、さまざまな手術方法があります。大切なのは、自分のわきがの程度がどれくらいのものなのか医師などから適切に診断してもらうことです。

そもそも本当にわきがの手術が必要なレベルのわきがなのか、あるいは手術は行わずにこのサイトでも紹介しているような、保存療法(わきが対策)でもほとんど気にならなくなるようなレベルなのかをまずよく考えるようにしましょう。

手術が安全なものなのか、合併症が起ったり後遺症が起ったりしやすいものなのかは、手術内容によって差があることですが、手術と名が付く以上100%リスクがない術はこの世に存在しません。

口コミサイトでの、わきがの手術を経験された方のいろんな手術方法の評判を探してみたりすることも大切ですが、営利が絡んでいるケースもありますから、そのまま鵜呑みにしてしまうのも危険が伴うでしょう。

まず、わきが対策を自分で行って、どうしても満足できないレベルであると判断したら、信頼できる医師を探すようにしましょう。わきがのレベルを正しく判断してくれる医師であり、わきがの手術を行うことになっても、その手術を行うことによりどれくらいの改善が望めるのか、どの様な後遺症がどれ位のレベルで起りえる可能性があるのかなどを詳しく、そして正直に話してくれる医師がベストだと思います。

ただ、わきがの手術の内容にもよりますが、わきがの臭いが残る残らないは医者の腕に大きく左右される部分です。これは身近に経験した人がいれば一番信用できる情報となりますが、経験していても対面してわきがの手術の話はなかなかしてくれないでしょう。これはインターネットの口コミ情報を利用するしかないかもしれません。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの手術

わきがの手術方法にはいろいろな方法があります。本当に大切なのは自分のわきががどの程度のものなのかを再認識し、本当に必要な手術方法を選ぶということです。

関連エントリー

わきが手術のジレンマ  わきが手術・吸引法  わきがの手術・皮下組織掻爬法  わきが手術・剪除法  わきがの手術・切除法