スポンサードリンク

Top >  わきがの手術 >  わきが手術・吸引法

わきが手術・吸引法

わきが手術の吸引法は、わきの下に数ミリ程度の穴を開け、そこに直径が数ミリの細い管を通します。吸引器(掃除機を想像してみてください)を用いて、わきが臭の原因である汗をだすアポクリン汗腺を吸いだす手術方法です。

ilm16_aa01028-s.jpg

この手術方法は、「わきがを抑える効果が薄い」といわれているケースもあるようですが、効果があるなしというのは、この吸引法では医師の持っている技術(経験と勘)による差が大きいのだそうです。なぜなら、アポクリン汗腺を直接見て取り除くわけではなく、小さな穴から吸い出す方法ですから、技術のある医者であれば上手く取り除いてくれ、そうでない医者では残ってしまう部分が多かったということも起りえるためです。

医師の技量によって差があるときけば、心配ばかりが先走ってしまうかもしれませんが、この吸引法には手術の傷口が小さいので傷跡が残りにくい、穴を開けた皮膚の生着も早いことや色素沈着なども起りにくいなどの大きなメリットがあります。また、わきがの手術方法はクリニックによって名称がちがったりしますし、この吸引法をさらに進化させた手術方法を用いている医師もいるようです。

わきが手術を受ける場合には、それぞれのどれだけ効果が期待できるのかなどのメリットと手術後の傷口が目立ってしまうなどのデメリットを考慮し、自分のわきがの程度に合わせて選択する必要があります。

きちんと手術前のカウンセリングを行ってくれる医師を選ぶ必要があるのはこのためです。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの手術

わきがの手術方法にはいろいろな方法があります。本当に大切なのは自分のわきががどの程度のものなのかを再認識し、本当に必要な手術方法を選ぶということです。

関連エントリー

わきが手術のジレンマ  わきが手術・吸引法  わきがの手術・皮下組織掻爬法  わきが手術・剪除法  わきがの手術・切除法