スポンサードリンク

Top >  わきがの手術 >  わきがの手術・皮下組織掻爬法

わきがの手術・皮下組織掻爬法

わきがの手術である皮下組織掻爬法(そうはほう)は、わきの下のほぼ中央部分に小さな大きさの穴を開けて、そこからスプーン状の器具を挿入し、アポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺をかきだす手術方法です。

ilm09_aj06020-s.gif

手術に必要な穴が小さいため、手術後の傷は目立たないというメリットがありますが、逆に小さい穴であるため手術でかきだすアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺が目で確認できないというデメリットもあります。つまり、かきだす汗腺類が必要以下であったり、皮膚内部に傷をつけてしまう可能性が残されるということです。この手術はいわば、医師の勘や経験が大きく手術のできを左右するといってもよいでしょう。

また、手術後にはわきがの再発の心配と肝心のわきが完治しているかという心配が残されます。完治率は約6割で再発の可能性も高いとされています。手術したことがわからないほど傷口が小さくてもわきがが治っていなければなんのために手術をしたのかもわかりませんし、再発のケースも同様ですね。

術後も皮膚の生着もあまりよくないということですから、避けた方がよい手術方法であるのはまちがいがないようです。技術のある医師に恵まれれば話は別でしょうが、そうそう経験豊富で技術も高い医師はいないと考えた方がよいでしょう。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの手術

わきがの手術方法にはいろいろな方法があります。本当に大切なのは自分のわきががどの程度のものなのかを再認識し、本当に必要な手術方法を選ぶということです。

関連エントリー

わきが手術のジレンマ  わきが手術・吸引法  わきがの手術・皮下組織掻爬法  わきが手術・剪除法  わきがの手術・切除法