スポンサードリンク

Top >  わきがの手術 >  わきがの手術・切除法

わきがの手術・切除法

わきがの手術である切除法とは、わきの下の皮膚をアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺と共に切除してしまう手術方法で、皮膚をラグビーボール状に取り除きます。この範囲はかなり大きくなります。

ilm09_ag04001-s.gif

皮膚を取り除いて皮膚の皮を縫い合わせることが可能な範囲を切除しますから、幅が5cmから大きい場合には15cmほどと、かなり広範囲に切除しなくてはなりません。わきがの臭いの原因は皮膚の下にあるので、大きく取り除いてしまえば原因はなくなってしまうことになりますが、切除可能な範囲よりわき毛が生えている部分というのは大きいですから、完全にわきがの原因を切除してしまえるわけではありません。

しかも、皮膚を大きく取り除いてしまうため、回復しても傷跡は大きく残ってしまうことになってしまいますし、大きな手術になりますから入院期間も2~3週間とかなり長い期間入院する必要が生じます。

傷跡の他にも、もうひとつ後遺症が残る可能性も考えておかなければなりません。大きく皮膚を切除するので、わきの下の皮膚がひきつれを起こしたり、皮膚が神経を圧迫して腕の運動に障害が生じたりするケースもあります。

この切除法は昔から行われてきたわきがの手術ですが、以上のような傷跡や後遺症の問題もあり、現在はあまり行われていない手術方法です。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの手術

わきがの手術方法にはいろいろな方法があります。本当に大切なのは自分のわきががどの程度のものなのかを再認識し、本当に必要な手術方法を選ぶということです。

関連エントリー

わきが手術のジレンマ  わきが手術・吸引法  わきがの手術・皮下組織掻爬法  わきが手術・剪除法  わきがの手術・切除法