スポンサードリンク

Top >  わきがの対策 >  わき毛の処理も大切です

わき毛の処理も大切です

わきがはアポクリン汗腺からでた汗と、皮脂腺からでた分泌物に細菌が繁殖して起ります。ですから、わきがの臭いを抑えるためには、わきの下を清潔に保つことがとても大切なポイントです。

ilm16_cb02004-s.gif

わき毛があることによって汗がたまりやすくなりますし、わきの下が蒸れやすくもなってしまいます。また、デオドラント剤を使う時にも、わき毛が邪魔をして浸透しにくくなってしまいます。

わきが体質であれば、わきがでない人よりわき毛が多い傾向があります。わきの下に汗がたまりやすく蒸れやすければ、細菌が喜ぶ環境を提供しているようなものです。

女性はわき毛の処理をしている方がほとんどなので、わき毛の処理に関しては問題がないと思います。一方、男性はわき毛の手入れをする人の方が少ないはずです。

わき毛を剃ってしまうということに男性は抵抗があるかもしれませんが、そうそうわきの下を他人に見せるという機会は少ないはずです。わき毛を剃るのはどうしても抵抗があるという方は、できるだけわき毛を短く処理するようにしましょう。完全に剃ってしまわなくても、わきがの臭いを抑える効果が期待できます。

女性の場合には、レーザー脱毛を行うというのも有効な方法です。ムダ毛処理を行う手間が省けるというメリットもあります。特にわき毛の処理がついおろそかになってしまいがちな方は、レーザー脱毛を選択肢のひとつとして考えましょう。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの対策

軽いわきがであれば、対策を行うことによってほとんど気にならなくなってしまいます。暑い夏には特に気をつけてわきがの対策を行う必要がありますが、寒い季節も意外と汗をかきますので対策を怠らないようにしましょう。

関連エントリー

わきが対策に酢を使う  わきがを自己診断してみましょう  りんご酢をわきにぬって対策  わき毛の処理も大切です  デオドラント剤でわきが対策  食生活を改善しましょう  わきがにはシャワーよりお風呂  わきがに気をつける季節とは