スポンサードリンク

Top >  わきがの対策 >  デオドラント剤でわきが対策

デオドラント剤でわきが対策

軽度のわきがであれば、デオドラント剤や制汗剤の使用をおすすめします。使用したからといって、わきがが治ってしまうわけではありませんが、これらを上手に使うことによって、自分も他の人もわきがの臭いがほとんど気にならなくなるはずです。

ilm16_aa04017-s.gif

デオドラント剤は臭いをごまかすことを目的にしたものであり、制汗剤はわきの下からの汗をなるべくださないようにするために使用するものです。これらを上手く使うと書いたのはいくつかのコツがあるためなのです。

また、長時間は効果が持続しません。だいたいどの製品でも4~6時間程度です。汗で流れてしまえばより早く効果がなくなります

○肌荒れに注意
デオドラント剤でも制汗剤でも、わきの下の皮膚がかぶれたりなど肌荒れを起こすことがあります。特に肌荒れを起こしやすい方や初めて使う製品の時には注意しましょう。

○消臭剤や制汗剤を使う時のわきの下に注意
これらの製品を使う前には、わきの下をなるべく清潔にして使用します。風呂上りなどでない時に使う場合、わきの下をしっかりと拭いてから使用しましょう。なるべく肌が乾いた状態で使用しないと、せっかくスプレーしても流れてしまいます。殺菌効果のあるウェットティッシュなどを使って拭けばより効果的だといえます。

○デオドラント剤は無臭のタイプを選びましょう
においがするデオドラント剤の場合、もしわきがの臭いがしはじめれば、両方が混じったにおいになってしまいます。これでは逆効果以外の何者でもありません。

○男性はロールオンタイプやクリームタイプを使う
男性は普通わき毛の処理をしていませんから、スプレータイプよりロールオンタイプやクリームタイプを使う方が効果的に塗れます。ロールオンタイプは、先端にローラーが付いていてコロコロ転がし塗るタイプのものです。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの対策

軽いわきがであれば、対策を行うことによってほとんど気にならなくなってしまいます。暑い夏には特に気をつけてわきがの対策を行う必要がありますが、寒い季節も意外と汗をかきますので対策を怠らないようにしましょう。

関連エントリー

わきが対策に酢を使う  わきがを自己診断してみましょう  りんご酢をわきにぬって対策  わき毛の処理も大切です  デオドラント剤でわきが対策  食生活を改善しましょう  わきがにはシャワーよりお風呂  わきがに気をつける季節とは