スポンサードリンク

Top >  わきがの対策 >  わきがにはシャワーよりお風呂

わきがにはシャワーよりお風呂

生活スタイルの欧米化によって、湯船には入らずにシャワーだけを利用するという方が多くなっています。でも、しっかりと毛穴を開いて脂分をだし、汚れもしっかり落とすというためには、湯船につかる方が効果的であるのはいうまでもありません。

ilm16_aa06004-s.jpg

それもなるべく熱いお湯を使うようにする方がよいです。熱いお湯は毛穴を開くためにも汚れを落とすためにも効果的です。また、石鹸は中性のものを使うようにします。中性石鹸を使うのは肌を弱酸性に保つためです。弱酸性の肌は細菌の発生をより抑えることができます。

ただし、特に暑い夏であれば汗をよくかきますから、汗をかく度に湯船につかるというわけにもいかないでしょう。そんな時にはシャワーを浴びるようにしましょう。汗を流すだけでもわきがの臭いは、かなり抑えることができます。わきの下は特に熱いシャワーを使って、できるだけ毛穴を開き汚れや脂分をだしてしっかりと洗い流すようにします。

汗をかいて細菌が汗に含まれる成分を分解し、わきがの臭いが発生するまでには2時間ほどの時間が経過します。それまでにシャワーを浴びるようにすると臭いを防ぐことが可能ということになります。もちろん時間がないとあわてる必要はありませんが、知識として持っておくようにしましょう。

家にいるのであればシャワーを度々浴びることも可能ですが、多くの人はそういうわけにもいきませんね。外出先などで汗は普通ハンカチで拭いますが、乾いたハンカチやタオルで拭うよりも、濡れたタオルで汗を拭いた方が細菌のエサになる汗の成分をよりきれいに拭うことができることもおぼえておきましょう。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの対策

軽いわきがであれば、対策を行うことによってほとんど気にならなくなってしまいます。暑い夏には特に気をつけてわきがの対策を行う必要がありますが、寒い季節も意外と汗をかきますので対策を怠らないようにしましょう。

関連エントリー

わきが対策に酢を使う  わきがを自己診断してみましょう  りんご酢をわきにぬって対策  わき毛の処理も大切です  デオドラント剤でわきが対策  食生活を改善しましょう  わきがにはシャワーよりお風呂  わきがに気をつける季節とは