スポンサードリンク

Top >  わきがの対策 >  わきがに気をつける季節とは

わきがに気をつける季節とは

わきがに気をつけなければならないのは、一番汗をかくというイメージのある、ある意味わきがの季節ともいえる夏であるのはまちがいではありません。しかし、夏以外にも気をつけておきたい季節があります。

ilm16_ba04001-s.jpg

梅雨の時期や寒い冬でも、わきがの臭いがでやすい環境であるといえるのです。梅雨の時期というのは、皆さんもご存知のとおり、高温多湿な時期ですね。気温の上昇で汗をかきやすいという理由もありますが、湿度が高いと今度は細菌の活動が活発になります。

わきがの原因は、アポクリン汗腺からでた汗が人間の皮膚の常在菌であるブドウ球菌などによって、分解されるためです。汗が分解されるとアンモニアなどの成分に変化するため、わきがの臭いを発生させてしまいます。ですので、汗をかく以外にも高湿度というのは、わきがが発生しやすくなる条件ということになります。

冬にはあまり汗がでないというイメージがありますが、現代はどこでも暖房がしっかりとされていますし、冬は厚着をしていますので、意外に汗をかきやすい季節であるといえるのです。冬でもちょっと体を動かしていると汗がでるという環境はたくさんありますよね。

汗をかきやすい夏にはしっかりと制汗対策を行っているという方でも、梅雨の時期や冬季にはあまり気にしていないのが普通でしょう。でも、意外に汗がでやすい季節である梅雨や冬にも気をつけるようにしましょう。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの対策

軽いわきがであれば、対策を行うことによってほとんど気にならなくなってしまいます。暑い夏には特に気をつけてわきがの対策を行う必要がありますが、寒い季節も意外と汗をかきますので対策を怠らないようにしましょう。

関連エントリー

わきが対策に酢を使う  わきがを自己診断してみましょう  りんご酢をわきにぬって対策  わき毛の処理も大切です  デオドラント剤でわきが対策  食生活を改善しましょう  わきがにはシャワーよりお風呂  わきがに気をつける季節とは