スポンサードリンク

Top >  わきがの対策 >  りんご酢をわきにぬって対策

りんご酢をわきにぬって対策

血液がさらさらになると評判のりんご酢ですが、それだけではありません。飲んでわきがなどの体臭対策にもなりますし、わきの下にぬれば臭いを抑える作用があります。

ilm10_dk02004-s.gif

わきがはアポクリン汗腺からでた汗と皮脂腺からでた分泌物が混じりあい、それを食料にしている人間の常在菌(ブドウ球菌など)が分解することによって、あの臭いが生じるとされます。他にも説があるようですが、この理由でほぼまちがいないでしょう。

いずれにしても細菌が悪さをしてわきがの臭いを発生させるわけです。この細菌を殺菌する作用がりんご酢にはあるのです。りんごにも酢にも殺菌作用があるので、りんごのみあるいは酢のみをわきの下にぬってもよいのですが、りんご酢であれば、りんごと酢のダブルパワーで殺菌できることになります。

りんご酢をわきの下にぬる具体的な方法は、ガーゼのような布を使って、3~5分程度わきの下にはさんでおくだけですから簡単です。

りんごのみを使う場合には、まずりんごをすりおろしガーゼなどの布に包みます。水分を抜いてしまい、これも同じようにわきの下にはさんでおくだけです。りんごをすりおろす手間とコストを考えると、市販のりんご酢を使った方がよいように思います。

日本人より圧倒的にわきがの方が多い欧米人が認めるデオドラント製品!日本製をはるかに圧倒する、けた違いの防臭・制汗力は約10日もの間持続します。⇒⇒ 入手困難な『デトランスα』が緊急入荷!

スポンサードリンク

わきがの対策

軽いわきがであれば、対策を行うことによってほとんど気にならなくなってしまいます。暑い夏には特に気をつけてわきがの対策を行う必要がありますが、寒い季節も意外と汗をかきますので対策を怠らないようにしましょう。

関連エントリー

わきが対策に酢を使う  わきがを自己診断してみましょう  りんご酢をわきにぬって対策  わき毛の処理も大切です  デオドラント剤でわきが対策  食生活を改善しましょう  わきがにはシャワーよりお風呂  わきがに気をつける季節とは